· 

腰臀部の痛みに鍼・マッサージ

 新型コロナウイルス感染防止に伴う行動自粛が一部緩和され、県をまたぐ移動も原則解禁になりました。

 

 テレワークあるいは在宅勤務といった仕事の勤務体制については、企業によってまちまちのようです。

 

 つい先日のブログでも取り上げましたが、外出自粛が一因とみられる腰痛を訴える患者さんが後を絶ちません。

 

 在宅勤務中の「座り方」についてうかがうと、クッションなどを敷いての床座りあるいは食卓のダイニングチェアが圧倒的に多いです。ベッドの上で横になりながらやソファに座って仕事をするという人もいます。

 

 いずれの姿勢も腰に負担がかかるものです。

 

 日頃、オフィスチェアの座り心地が良くないと感じていても、いかに仕事用のイスの方が腰への負担がすくない作りになっているか実感している人も少なくないでしょう。

 

 運動不足や長時間の座り姿勢が原因ではないかと推察する腰痛を訴える患者さんの特徴がもうひとつあります。それは、腰といってもやや上方の、解剖学的にいうと下位胸椎あるいは、腸骨の下方で臀部の上部に強い圧痛がみられるもので、ぎっくり腰や腰部の筋筋膜性、関節性、神経性などで顕著にみられる前後屈動作時よりも回旋や側屈で痛みや不快感を訴えるケースがみられます。

 

 こういった動作確認や触診、徒手検査などをすることで、患者さんはあらためて不快感が生じている部位が認識していた部分と違うことに、驚かれることもあります。

 

 腰痛にかぎらずさまざまな体の不調は、早期の対処が望ましいのは申し上げるまでもありません。放置する時間が長くなるほど、元に戻すのにも時間を要しがちです。

 

 行動自粛が解禁されはじめているとはいえ、長期間の運動不足でなまっていた体を急に動かすと、それはそれで不具合が生じやすくなります。不具合を感じたら早めに医師に相談したり、鍼やマッサージの施術を受けるなどしてセルフケアすることが大切です。

 

【関連リンク】

腰痛-肩こり

神経疾患

美容鍼  

心理社会-ストレス

頭皮鍼

腰痛は原因がさまざま
腰痛は原因がさまざま