中国の鍼、「太くて痛い」は本当?

 さっそく結論ですが、昔ほどではないようです。なぜ断言せずにぼやかした表現をしたかというと、太さだけなら物理的に比較ができるものの、感覚は主観的なものであることや、広大な中国のどの時代におけるどの地域を境にして比較するかによって異なるためです。

 

 観光地ひとつとっても、北京オリンピックが開催された2008年前後で、特に中国の都市部の環境は様変わりしました。そのため、中国の都市部について話しをされる人の印象は、オリンピックを境にして言う事が違う事が多々あります。

 

 たとえば公衆トイレですが、オリンピック前に行った人の多くは、「どこもかしこも、とてつもなく汚い」ですが、オリンピック後はそのような事はありませんでした。もちろん、個人によって印象は異なりますが、特に都心部や観光地は清掃係が常駐しているところも少なくありません。(ただし、少し都心部から離れると「昔と変わらない」と、現地で生活する中国人も言っています)

 

 ちなみに、筆者が最後に北京を訪れたのは7年前、上海を訪れたのは2年前です。

 

 発信する人の影響力の大きさによって、伝わり方も異なるものです。

 

 鍼治療についてですが、日本の鍼師には中国と日本の比較をする際に「中国の鍼は太くて、刺激も強い」と言う人が多いです。

 

 実際に上海現地の中国人鍼師に質問したところ「確かに昔はそうでした。しかし、経済発展が進んだ中国の特に都市部では、人々の生活水準も向上し、西洋的な医療を好む人が増えました。中国でも鍼灸離れの傾向があり、以前のように太い鍼や強い刺激は敬遠されがちなので、必然的に細くて低刺激になりつつあります」との事でした。

 

 さらに「都市部から少し離れると、今なお太くて強い刺激の治療も少なくありません。また、高齢の方にはあえて好む人がいるのも事実です。また、鍼師によっても違います」とも言っていました。

 

 日本の鍼灸学校でも、大御所と呼ばれる先生には過去の話しをあたかも昨日今日のようにお話しされる方が少なくありません。そういいう方々の話しを鵜呑みにし、なおかつ現地を知らない鍼師は、あたかも中国の鍼はそういうものだと吹き込まれてしまうものです。

 

 鍼の太さや刺激量などは、中国にかぎらず日本の鍼師によっても違うものですから、一概に「中国鍼=太くて痛い」は成立しないと考えています。

 

【関連リンク】

ヒント-生活の質の向上

頭痛-首こり

社会-話題

心理社会-ストレス

頭皮鍼