· 

美容鍼でニキビはよくなるの?

 美容鍼の期待できる効果として、ニキビの改善について質問を受ける事があります。

 

 皮膚は人体最大の臓器で付属器には汗腺、脂腺、毛髪、爪などがあります。ニキビは皮膚の付属器である脂腺の疾患で尋常瘡(ざそう)といいます。

 

 瘡とは、毛孔(”毛あな”のこと)部に炎症性の症状が生じることをいいます。

 

 原因は遺伝性、生活習慣、ストレスなどに加え、ホルモンバランス、皮脂、角化異常、細菌感染、化粧品といったさまざまな発症因子が複雑に関わります。

  

 まずは結論から申しますと、エビデンス(医学または科学的根拠)の観点で筆者が調べた限りでは、美容鍼によるニキビ治療の”直接的効果”を見つけることは出来ませんでした。

 

 しかし、あくまでも筆者の経験ですが、症状が悪化せずに沈静化したりするなど良い方向に進んだことは何度もあります。

 

 まず、特に注意が必要なのは毛包虫性や毛漏斗部の常在菌であるアクネ桿菌による炎症であると医師から診断されていたり、ニキビが黄色を呈しているような状態であれば、その部分を傷つけないようにすべきで、鍼で破いてはいけません。

 

 ですから、もしもニキビが顔の広範囲におよぶ状態であれば、まずは皮膚科の先生に美容鍼をしても良いか確認すべきです。なぜなら、自分で”ニキビ”と決めつけているだけで、他の皮膚疾患の可能性も否定できないからです。

 

 ここからは筆者の経験になりますが、あえてニキビと断定せずに”吹き出物”としてとらえた症状が改善した、あるいは症状が悪化せずに治まっていったということがありました。

 

 筆者自身もその根拠(裏付け)を調べましたが今なお不明です。

  

 美容鍼による施術効果について、推察の域を超えませんが、鍼には人間に備わっている自然治癒力を高める効果を期待できるものとされているからこそ、国が認めた資格(国家資格)でもあるのではないでしょうか。そう考えると、顔面部へ刺鍼である”美容鍼”は、それを実感できるひとつではないかというのが筆者の持論にあります。

 

【関連リンク】

美容鍼

頭皮鍼

ヒント-生活の質の向上

心理社会-ストレス

つぼ-ツボ-経穴

 

*リライト:2020年2月22日