· 

美容鍼の「ちょっとFAQ」

 美容鍼についてのFAQはネット検索をすると沢山ヒットします。

 

 その中には医学的な観点からも参考になる解説が増えてきているのは、美容鍼を行っている鍼灸師の一人として喜ばしいことです。

 

 当院のホームページにはFAQのページを設けていないので、一部をここで紹介します。 

 

Q1) 美容鍼に使う鍼は、どういうものですか?

A) 当院で使用する鍼は、長さが約1.5センチで太さは直径0.12mm, 0.14mm, 0.16mm, 0.18mm, 0.2mmの5種類を使い分けています。鍼は「ディスポーザブル」といって、滅菌処理され一本一本個別に封入された鍼を一人の患者さんへの治療を終えたら廃棄処分します。

 

Q2) 鍼を刺す深さはどのぐらいですか?

A) 約2〜10mmぐらいで、患者さんと相談したうえで、刺鍼部位や治療方針によって変えます。

 

Q3) 眼瞼下垂を治せますか?

A) 長くても2日程度の非常に短期間で効果が期待出来る技法があります。筆者も施術者としてだけでなく、患者としても治療を受けた経験があります。効果もそれなりにありましたが、当院では行っていません。筆者の経験上、効果とリスクのバランスが良くないという考えからです。

 

Q4) 副作用にはどのようなものがありますか?

A) 鍼治療での代表的な副作用に内出血があります。約10日〜2週間ほど(個人差あり)で消失することが多く、痕に残ることはありません。部位、体調、体質、服用している薬などによっても生じやすさには個人差があります。特に目の周りの内出血は目立つため、記念撮影やパーティーなどが近日中に控えている人はやめておいた方が無難です。個人差がありますが、受けるのでしたら最低でも2週間ぐらいの期間を空けた方がいいでしょう。

 

 副作用というよりも治療効果ととらえていることにリラクゼーション効果があるのではないかと、筆者の経験による独自の考えがあります。術後に患者さんから「リラックスした」「眠ってしまった」ということはよく聞きます。また、「美容鍼をした夜は、入眠がすみやか」といった声を聞きます。ですから、美容鍼の施術直後に自動車の運転や多量の飲酒は避けた方がいいですと案内しています。

 

Q5) 小顔になりますか?

A)血液やリンパの流れが改善されることで、むくみに似た症状が改善されたり、表情筋の緊張が緩和されるといったことで、「フェイスラインがすっきり」「アゴのかたちがくっきり」となり、シュッとすっきりした印象を抱く事でしょう。それが「小顔効果」と言えるのでしたら、効果を期待していただけるでしょう。ただし、骨格的な変化を意味する事ではありません。

 

今回は、初めて美容鍼を受ける方からよく質問される5つを紹介しました。

 

【関連リンク】

美容鍼

ヒント-生活の質の向上

不妊治療-妊活

頭皮鍼

心理社会-ストレス

 

*リライト:2020年2月15日