痛みの共有・・・うつ病

 感情障害、気分障害とも呼ばれる「鬱(うつ)病」。症状としては抑うつ気分、興味や喜びの消失、易疲労性、罪責感、集中力や思考力の減退、自殺念願、食欲の異常、睡眠障害などがあげられます。

 

 うつ状態の人と接するうえで、「話しをよく聞く」「悩みや価値観に共感する」が大切で、「はげまし(「がんばれ!」など)」や「否定」は良くないと言われています。

 

 ここからは書籍などの情報ではなく、筆者が実際に「鬱」と診断された人から直接聞いたことをもとに記述します。

 

 「はげまし」についてですが、うつ病と診断される人は、「真面目」「几帳面」「努力家」「責任感が強い」「気づかい屋」が多いと言われています。他人が「がんばれ!」などと軽々に発すると「これ以上、何を”がんばれ”と言うんだ」といった気持ちとともに、「心配をかけて申し訳ない」という思いにもなり、いずれにしてもストレスになるという人がいました。

  

 また、「悩みや価値観に共感する」についてですが、その場の表面的なふるまいは見抜かれてしまうことがあるという人がいました。

 

 では、どうするか・・・ただ、ひたすら真摯に耳を傾けるのが理想です。否定したり意見しすぎて討論になりるのも良くありません。なぜなら、会話後に疲労感、虚無感、虚脱感などに襲われるという人もいたためです。

 

 ある心療内科の先生から、こんな話しを聞いたことがあります。「『やりたいことを抑制しすぎず、適度にやりなさいと指導することがある。ただ、『やらないように注意しなさい』がいくつかある」とのことでした。

 

 ここで「注意しなさい」のいくつかを紹介しますが、あくまでも筆者が直接話しを聞いた医師の経験や考え方にもとづく指導にすぎません。ですから、この先読み進めて下さる方は、一般論でもなければ学術的根拠の有無も、筆者には分からないので、参考にされるか否かは読者判断でお願いします。

 

===============

1.「気分発散」「気分転換」といった理由で、高額な買い物や出費(不動産・宝飾品・投資・賭け事など)はしない事。まして、お金を借りたり、長期のローンを組むなどの無理な資金調達はしないように。→ 一時的には気分が晴れるかもしれないが、症状の根本的な解決にはなっていないことが多い。

 

2.以前から習慣的にやっている趣味や行き慣れた場所を訪れるぐらいならば適度な気分転換になるが、初めての事にチャレンジしたり、行き慣れていない土地への旅行などは、必ずしも気分転換に有益にはたらくとは限らない事もある。楽しい気分になれることは良いことだが、気分の変化が大きいのは好ましくない。

 

 ちなみに、「やらないように気をつけなさい」の逆で、不安感に襲われたりしたときの対処について、こんな話しをされました。

 

 「家にいる時など、とつぜん不安感などにおそわれたら、部屋を暗く(出来るだけ真っ暗)してベッドやソファなどの上でいいから目を閉じて横になり、ゆっくりと腹式呼吸(鼻から吸って口から吐く。その時に、お腹の上に手をのせて、しっかりとお腹のふくらみとへこみを感じながら深い呼吸)をする。テレビや音楽などの音も出さないようにして、気分を落ち着かせる」

===============

 

【関連リンク】

美容鍼

頭皮鍼

つぼ-ツボ・経穴

肩-膝関節痛-背中-肩甲骨まわりの痛み

心理社会-ストレス

 

*リライト:2020年3月14日